たぶん、「結婚したい」ってより、「家族がほしい」んだとおもう。

昼も夜も働くアラサー女子が、仕事・恋愛・結婚について語ります。

恋愛にまつわるHow To記事は信用していいのか?

f:id:momoko_koike:20141026095343j:plain
昨日質問を募集したのですが、今のところ集まりがゼロなので過去リアルに友人から質問されたことについて回答していきます。
本日のお題は、「恋愛にまつわるHow To記事は信用していいのか?」です。

※ちなみに、今回は女性向けHow To記事に関してです。男性向けHow To記事に関してはまた別のお話。

ブログメディアの台頭で目に付くようになった「恋愛HOW TO」記事の是非。

『デートで胸きゅん♡彼の心をつかむポイント10選』
『来年には結婚したい!そう考えているあなたが彼に確認したほうがいいこと5つ』

SNSで流れてくるこんなタイトル、ネットに親しんでいる方なら幾度も目にしたことがあるのではないでしょうか。
女性向けの恋愛How To記事は、さまざまなブログメディアで掲載されています。

有名どころではこんなメディアがありますね。
Menjoy! メンジョイ | オトコを楽しむための女性マガジン
恋愛jp | 専門家が恋愛コラムで回答する恋愛相談
働く女子の恋とシゴトと本音がわかる!「マイナビウーマン」

「ついつい読んじゃうんだけどさぁ、ももこ、ああいう記事って、どうなん?使えるとおもう?」
女子会の中でぽろりとこぼれた疑問に、私はこう答えました。

読み物としては面白いよね。

今に限らず、以前からこんなネタはあちこちにありますよね。
女性ファッション雑誌の2色刷りの読み物ページだったり。
バラエティ番組で芸能人が語るモテテクもその手の一種です。

これは女子同士キャッキャウフフしながら話題にするのに、もってこいのネタです。
「えー、こんなダサいモテテク、いまどき使えないよ!」とか、
「え、マジ?ここまでやっていいの?やったことある?」とか、
「や〜ん、こんなこと言われてみたいから、これやっちゃう!?」とか。
(内容はご想像におまかせします)

参考になる読み物もあるね。身体/法律にまつわること。

正確には恋愛How To記事ではないのですが、たいてい同じメディアにはこんな記事も並んでます。

『最近、胸のシコリが気にならない?乳がんチェックのポイント!』
『不倫のリスク知ってる?想定される慰謝料は、300万円』

みたいな、身体や法律に関連する記事は、とっても役に立ちますよね。
メイクやスキンケア情報、ファッションなども身体にまつわるコンテンツ。

女性誌を年間通して読めば網羅できるような保健体育的な要素から、
以前なら身近にDV・離婚経験者がいないと知り得なかった貴重な法律関連まで、
サクッとまとめられているのはありがたいです。

検索して気になる項目だけ拾い読みもできるのは、Webメディアならではの利点。
私も、はじめて婦人科に行くときにどこかで読んだ記事を参考にした記憶があります。

使えない記事/使える記事の境界線は「ターゲット設定」

さて、では、冒頭で例にあげたこんな記事は、どうなんでしょうか。

ケース1:『デートで胸きゅん♡彼の心をつかむポイント10選』

こんなHow To記事を読むたび、私はもやもやした気持ちが拭えません。
思考や行動のポイントがズラリと並ぶだけの記事に、実用性を見いだせないからです。

付き合ってどれぐらいの関係なの?あなたは何歳で、彼は何歳なの?
「ちょっとほっぺた膨らまして拗ねて彼の気を引こう」とか、20代前半ならイケるかもしれないけれど、アラサーが使ったら痛くない??
ていうか老け顔だったらハタチでもキツいよ!キャラによるよ!!!!!

てゆーかそんなめんどくさい彼女、私が男だったらやだよ!
素直にかまってくれって言われたほうがいいよ、行動で察するとか仕事で十分だよプライベートでそんな能力求めるなよ!!!!!!!

・・・自分でつくった架空HowToのサムさに、取り乱しました。すいません。

今時こんなサムいHow Toはあんまり見かけませんが、やっぱりこういうHow To記事にありがちなトピックス並べただけのものは、男女ともにターゲット像が不明確だったり、使う人のスペックで左右されるHow Toの羅列が並ぶ傾向が強いので、実用性が低いです。
ツッコミまくってストレスになるので、私はそっ閉じしています。

ケース2:『来年には結婚したい!そう考えているあなたが彼に確認したほうがいいこと5つ』

こんな系統の記事は、「結婚したい彼女」に向けてあるという、ターゲットが明確。
2人でどんな家族像を抱いているのか、年間を通して彼の仕事の忙しさやタイミングなど、そのターゲットに対して必要かつ具体的な項目が並んでいる事が多いのです。

タイトルや記事の冒頭で、「あっ、これ、自分向きだな」って思ったら、読んでみていいのではないでしょうか。
恋愛中は気持ちが盛り上がって、視野が狭くなりがちな私は、他の人の考え方を読んでクールダウンする目的で読んでいることがあります。
女子会で女同士でアドバイスし合って、自身の考え方をみなおすのと似た感覚です。

もちろん、記事を丸ごと鵜呑みにあくまでも一つの考え方として受け止めて、自分と恋人との関係性上で使えるかどうかの判断は必要ですよね。
一人一人の人間性、恋愛・結婚観は違うものですし、自分と恋人の関係については、自身が一番よく知っているはずですから。

結論「記事のターゲットが広範囲または明確で、自身の状況にマッチしていれば使える」

恋愛にまつわるHow To記事は、多くの女性の役に立つ身体/法律関係の記事や、記事ターゲットがセグメントされていて、自身の状況にマッチしていたら使えます。

でも、あくまでもHow To記事は、知識やスキルのサポートという立ち位置。
ドライブ技術だけあっても地図や目的地がわからなければ、迷子になってしまうように、なぜHow To記事を読んでしまうのか、といった自己の目的確認のほうが、大切かなぁと思うのです。

いくらHow To記事を読みあさっても、自分自身が「恋愛を楽しみたい」のか「結婚をしたい」のかで行き先がぜんぜん違います。
間違った方向へハンドル切ってアクセルを踏み込んでしまいませんよう、お気をつけて。

余談: 結婚したい女性向けの、恋愛How Toの王道はここにあるとおもう。

『ぐっどうぃる博士』の運営される恋愛ユニバーシティーは、婚活女子におススメしたいメディアです。
ただ恋愛を楽しむのではなく、結婚に向けた恋愛というか、一緒にいるパートナーといい関係を築くためのHow Toが充実しています。

恋愛ユニバーシティ | 恋に悩む女性のための恋愛ポータルサイト ぐっどうぃる博士監修

いまさまざまなライター記事がいっぱいあるので、まず初めに読むならぐっどうぃる博士直筆のこの記事一覧を。
恋愛プロトコル | 恋愛ユニバーシティ
個人的には、おススメ書籍にカーネギーや7つの習慣が並んでるところも、ぐっときてます。
結局、恋愛も結婚も、人間関係なんですから、普遍的な人と人との信頼関係や自分自身のありかたってところを、押さえればうまくいくのかな、と思うんですね。

婚活女子向けの最新本も出てるんですね。
結婚を考えはじめた女へ: 何が男の心を動かす“決め手”になるのか (王様文庫)
これはまだ未読なので、読んだらレビューします!

ブログに取り上げて欲しい質問など、お問い合わせありましたら、サイドバーのメールフォーム、または小池ももこ (@momoko_koike) | Twitterまでお気軽にどうぞ。

広告を非表示にする