たぶん、「結婚したい」ってより、「家族がほしい」んだとおもう。

昼も夜も働くアラサー女子が、仕事・恋愛・結婚について語ります。

「小池ももこ」という女の正体。

先日、『小池ももこ』の名刺をつくり、お会いする人にお渡しするようになりました。

私が働いているお店では、女の子は自分の名刺を持つ慣習がないため、生まれて初めて「小池ももこ」の名刺が私の手元にある訳です。
……自分の存在がより確かになった気がして、じわじわ嬉しいものですね。

『小池ももこ』は、筆名であり、プロジェクト名です。

『小池ももこ』は、このブログを執筆しているフリーランスライターです。
名刺掲載情報をもとに、あらためて簡単にご説明してみましょう。

『小池ももこ』について


昭和60年代生まれのアラサー。フリーランス
女性と仕事』『アラサー世代の恋愛・結婚』をテーマに、
企画・取材・ライティングを行う。


採用業界とバーラウンジで働いた経験を生かし、
上記のテーマに基づいた悩み・課題解決に向け
個人/店舗/企業のコンサルティングも可能。


得意とするのはマーケティング理論を軸とした
職業・パートナー選択等の課題分析と解決案の提示。


引用元:小池ももこ名刺裏面

本業と取り組んでいるジャンルが違うため(本業はBtoB企業の取材やマーケティングがメインです)、
明確に『女と仕事』『アラサー世代の恋愛・結婚』といったテーマを打ち出して活動しているのが、この『小池ももこ』です。

『小池ももこ』の正体をカミングアウトする時

現時点でWeb上では「中の人は内緒ね♡」といったスタンスでブログ執筆/その他お仕事を進めさせていただいております。

このブログで扱っている内容に、私自身の恋愛や結婚のお話も含まれてきているので、個人情報取り扱い注意な状態。
うかつに、「『小池ももこ』って実は、あいつなんだぜ・・・」と噂されてプライベート/ビジネスに支障が出てしまうのは、一番恐れていることです。

ただし、私のプライベート/ビジネスで親しい方には徐々に、小池ももこ活動についてご案内している次第です。
信頼している方、小池ももことしてお仕事をしたい方、就職や恋愛の相談を受けるとき、この名刺を出して現在の活動についてお話ししています。

公に話していないとはいえ、デートを重ねている男性にこのブログを読まれても、
なんの問題もないことしか書いていませんし、
過去の恋愛話や身近な友人の相談をブログに取り上げる時は、
元恋人や友人の許可をとってブログ掲載するように、気をつけています。

実生活で出会った方と、小池ももこプロジェクトをゆるやかに接続しつつ、
より面白い記事執筆ができたらいいな、と考えている次第です。

いつか時期がきたら、「私が『小池ももこ』です」と公に宣言します。
プライベート/ビジネスでお付き合いしている方、すべてに裏表なく情報開示する予定です。

なので、もし正体に気付かれた方は、いつか時期が来るときまで、こっそりと胸の内に秘めておいていただけましたら嬉しいです。
私からあなたに直接カミングアウトするとき、または、私が公にプロジェクト公開する、そのときまで。

『小池ももこ』として、生きている。



この記事を書く前に、「生きる」とは「継続する」こと - クソログを読んでみて、とても共感していました。
共感したポイントを引用させていただきます。

重要なのは、問題の根本は、それで「食っていけるのか」ってこと。

生きることは「継続する」ということだ。「継続する」というのは日々飯を食うことであり、毎日雨風しのげる場所で眠るということであり、毎月税を納めるということであり、そのために必要な金を得続けるということだ。

働かずして、それを実現することは難しい。

『小池ももこ』として水商売の世界に足を踏み入れたとき、私はフリーランスとして独立したばかりで、生きるのに必死でした。
生まれて初めて『生活のため』という視点で職業選択をした結果、さまざまな業種業態の水商売を見聞きし、たどり着いた今のお店。

9ヶ月間の生活を支えてくれたお店とママに、恩返しをしたいなと、今は考えているところです。
今夜も出勤、行ってきます。

それでは引き続き、成婚までのあいだ、お付き合いくださいませ。

広告を非表示にする